総合出版・編集プロダクション「ホントに歩く」東海道・中山道
投稿記事
  • HOME »
  • 投稿記事 »
  • どこにいる家康

どこにいる家康

どこにいる家康 第12回「氏真」

「どうする家康」12回目は、「氏真」。駿河を捨て、掛川城に落ち延びた今川氏真と家康が戦う。舞台は掛川。武田軍が攻めた信濃遠江国境はどこ?

掛川城。明治2年に廃城になり、木造再建された

どこにいる家康 第11回「信玄との密約」

第11回は、武田信玄と今川領の切り取り合いで、瀨名の幼なじみお田鶴を討伐することになる。舞台は浜松の引間城。信玄が駿府を見下ろしていた山はどこか。

椿姫観音

どこにいる家康 第10回「側室をどうする」

第10回は、家康が三河支配を安定的に進め、家康の母・於大と妻・瀨名が側室選びをするという穏やかな感じ。主な舞台は、岡崎城と築山の庵(瀨名の別邸)。

ホントに歩く東海道 浜松宿と引間城

どこにいる家康 第9回「守るべきもの」

第9回は、三河一向一揆の回。本證寺と和議を結び、一揆は終結。本多正信は三河から永久追放された。舞台は本證寺(安城市)と岡崎城。

「ホントに歩く東海道」10集№39 田中吉政像

どこにいる家康 第8回「三河一揆でどうする!」

第8回は、ドロドロな回。家康は、一向宗の寺々から年貢を取り立て、一揆が起こる。騒ぎに便乗し、三河各地で反乱が起こる。家康の部下にも裏切りが多数出た。舞台は、岡崎城、舞台は本證寺(安城市)と岡崎城。

ホントに歩く東海道 第10集 №40 岡崎城

どこにいる家康 第7回「わしの家」

第7回は、家康が一向一揆に苦しむ回。元康から家康と名を改め、家康は百姓に変装し、一向一揆の拠点の本證寺で妻・瀬名と鉢合わせになる。母於大が活躍。主な舞台は本證寺(安城市)と岡崎城。

名鉄 新安城駅

どこにいる家康 第6回「続・瀬名奪還作戦」

第6回は、5回に続き、瀨名奪還作戦。吉田城の後ろが人質交換作戦の舞台とは! 家康は、瀨名の幼なじみのお田鶴の兄、鵜殿長照を上ノ郷城でを討つ。主な舞台は、吉田城、上ノ郷、岡崎城。

上ノ郷城 ホントに歩く東海道 第10集

どこにいる家康 第5回「瀬名奪還作戦」

第5回は、家康の母親・於大が一家で岡崎城へおしかける。家康は駿府に残した妻瀬名と二人の子どもを奪還しようとするも、失敗する。主な舞台は、岡崎、駿府。奪還作戦を担った服部党の拠点は大崩海岸だった。

ホントに歩く東海道 第10集 №40 岡崎城

どこにいる家康 第4回「清須でどうする!」

第4回は、家康は、織田信長と清須城で同盟を結ぶ。妻の瀨名と子、その家族は今川氏真に幽閉され続けている。織田信長の妹、お市は家康に恋していたという仰天の回。舞台は、清洲城。駿府、岡崎。

「ホントに歩く東海道」別冊美濃路 清洲城周辺のマップ

どこにいる家康 第3回「三河平定戦」

第3回は、今川と織田の板挟みになって苦しむ家康。織田方の水野信元と戦うが芳しくない。信元は母於大の兄で、再開を果たす。舞台は岡崎、刈谷城。

華陽院 源応尼(於大の母)の墓「ホントに歩く東海道」第6集 Map22 B-13

どこにいる家康 第2回「兎と狼」

第2回は、大高城から岡崎城へ向かう家康は、松平昌久に裏切られ、大樹寺へ逃げ込む。信長の父信秀に捕らわれ、人質時代の家康と信長の回想シーンが多い。主な舞台は、大高城、岡崎城。

大樹寺

どこにいる家康 第1回「どうする桶狭間」

2023年のNHK大河ドラマは「どうする家康」。ドラマで家康はどこにいたか? 出来事の場所は地図上のどこで、どんな地形か? 東海道は家康が定めた五街道の一つ。家康の関連史跡も多くあり、ウォークマップ『ホントに歩く東海道』 …

どこにいる家康 ロゴ画像
« 1 2 3
PAGETOP
Copyright © 株式会社風人社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.