総合出版・編集プロダクション「ホントに歩く」東海道・中山道
投稿記事
  • HOME »
  • 投稿記事 »
  • 東海道

東海道

「静岡新聞」サンヤツ 2024年5月19日 完結★ホントに歩く中山道・東海道各全17集の広告

第17集発行で中山道69次ついに完結! 日本橋からも歩ける。と東海道とともに全集発売中の広告を出しました。

静岡新聞 2024年5月19日 朝刊サンヤツ ホントに歩く東海道 中山道

「東京新聞」サンヤツ 2024年5月1日 ホントに歩く東海道 新訂 第15集の広告

『ホントに歩く東海道』は歩くための京都ガイドを提案します。という広告を出しました。新訂第15集を売るために。

東京新聞 2024年5月2日 朝刊サンヤツ

「京都新聞」サンヤツ 2024年5月1日 ホントに歩く東海道 新訂 第15集の広告

今、日本は空前のインバウンドブーム。中でも京都の混雑は大変なもの。『ホントに歩く東海道』は歩くための京都ガイドを提案します。

京都新聞 2024年5月1日 朝刊サンヤツ ホントに歩く東海道

『ホントに歩く東海道』新訂 第15集の新発行について

『ホントに歩く東海道』第15集が品切れとなって、増刷しなければならなくなりました。

神奈川九宿−神奈川の東海道を歩こう

今年は、川崎宿誕生400年。神奈川県内には東海道の宿場が9宿あり、さまざまなイベントで盛り上がっています。

東海道 神奈川 九宿

どこにいる家康 第16回「信玄を怒らせるな」

「どうする家康」16回目は「信玄を怒らせるな」。家康は遠江に調略を深める武田信玄に悩まされる。義弟の源三郎がキーパーソン。発展編は、源三郎勝俊再登場、井伊虎松登場、幅広うどん。

善照院 勝俊の墓

どこにいる家康 第15回「姉川でどうする!」

「どうする家康」15回目は「姉川でどうする!」。姉川の戦いの家康の葛藤から浜松城へ。発展編は、幻の見付城、家康の浜松入城、三井記念美術館「大日本五道中図屏風」。

どこにいる家康 家康の浜松入城

どこにいる家康 第14回「金ケ崎でどうする!」

「どうする家康」14回目は「金ケ崎でどうする!」。舞台は越前・敦賀。東海道も中山道もかすらず。発展編は家康の黒歴史、三井記念美術館の大河ドラマ特別展。

三井記念美術館 どうする家康展 チラシ

どこにいる家康 第13回「家康、都へ行く」

「どうする家康」13回目は、「家康、都へ行く」。舞台はほぼ京都。二条城は4つもあったの?!発展編は明智光秀と茶屋四郎次郎。

三条大橋と男子

どこにいる家康 第12回「氏真」

「どうする家康」12回目は、「氏真」。駿河を捨て、掛川城に落ち延びた今川氏真と家康が戦う。舞台は掛川。武田軍が攻めた信濃遠江国境はどこ?

掛川城。明治2年に廃城になり、木造再建された

どこにいる家康 第11回「信玄との密約」

第11回は、武田信玄と今川領の切り取り合いで、瀨名の幼なじみお田鶴を討伐することになる。舞台は浜松の引間城。信玄が駿府を見下ろしていた山はどこか。

椿姫観音

どこにいる家康 第10回「側室をどうする」

第10回は、家康が三河支配を安定的に進め、家康の母・於大と妻・瀨名が側室選びをするという穏やかな感じ。主な舞台は、岡崎城と築山の庵(瀨名の別邸)。

ホントに歩く東海道 浜松宿と引間城

ひいちゃんさん 「街道を行く 中山道・東海道 上りあげて」

ひいちゃんさん(ラウンジ№232「東海道53次の完歩とその事情」)が完歩した東海道と中山道の一人旅の記録をお寄せくださいました。東海道は、弊社のウォークマップ「ホントに歩く東海道」で歩いてくださっています。渋川地名研究会 …

ひいちゃん 7. 東海道53次の記録(行程表)

どこにいる家康 第9回「守るべきもの」

第9回は、三河一向一揆の回。本證寺と和議を結び、一揆は終結。本多正信は三河から永久追放された。舞台は本證寺(安城市)と岡崎城。

「ホントに歩く東海道」10集№39 田中吉政像

どこにいる家康 第8回「三河一揆でどうする!」

第8回は、ドロドロな回。家康は、一向宗の寺々から年貢を取り立て、一揆が起こる。騒ぎに便乗し、三河各地で反乱が起こる。家康の部下にも裏切りが多数出た。舞台は、岡崎城、舞台は本證寺(安城市)と岡崎城。

ホントに歩く東海道 第10集 №40 岡崎城
1 2 3 14 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社風人社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.