総合出版・編集プロダクション 「ホントに歩く東海道」

「ホントに歩く」ラウンジ

このページでは、弊社からの連絡や情報提供、会員のみなさまからいただいたお便りや情報から、整理して(若干の修正も)転載させていただきます。

フォーラム自体、しばらくは手探りで、いろいろな不備や御迷惑をおかけすることと思いますが、よろしくおつきあいくださって、ご意見や近況、情報提供など、お寄せください。(下記ボタン)

フォーラム事務局から、「完歩証」「同行登録証」を発行します。これも、まず、実験的な仮版ですが、ぜひお申し込みください。
(「ホントに歩いた」東海道完歩証、ブロンズ(試行版)できました)

完歩証のお申し込みはこちら

 

ラウンジのイメージ

 

0036

今年の5/1から12日間で、念願の東海道五十三次を一気に歩きました。

Earth walker 18.07.13

(FhuOH)凄いですね。歩きじゃないですね。街道文庫の田中義巳さんみたいなウルトラマラソンですね。達成感がひとしおでしたでしょう。おめでとうございます。

 

0035

53次は歩いたので、これから57次と佐屋街道を歩きます。

えりりん 18.07.07

(FhuOH)ぜひ、大阪まで。京街道は、京都までの東海道と趣がちょっと違います。淀川下りです。別冊は、佐屋街道姫街道と近刊の美濃路で、これらはすべて東海道の範疇にいれています。

 

0034

東海道ウォーキング 弁天島-国府20180616-17
2週間ぶりにまた東海道を歩いてきました。

【アルバムはここです】
https://www.facebook.com/hkamada1/media_set?set=a.1729003183856972.1073741838.100002419226548&type=3

季節は梅雨。ここを逃すと晴天の下で東海道を楽しむのも久しくなるかもと思い、思い切って出発してみました。
土曜日は午前中は霧雨の降る天候でしたが、午後に入ると雨は上がり、時より晴れ間も出るようなありさまで、思ったより恵まれた天気となりました。道中は、潮見坂はそれなりの急こう配でしたが、そんなに長い距離でもありませんでした。軽いハイキングと言った感じです。

二川宿はなかなかの雰囲気でしたよ。来月28日には灯籠祭りがあるようです。本陣コロッケ、おいしゅうございました。
吉田の宿跡についたのは16時前後と、順調すぎるくらいの進み具合でしたが、ここでアクシデント発生。前々回、掛川-袋井間で左足の裏にマメができてしまい、無理して歩いたためこれが破れてしまうというアクシデントがありましたが、今度は右足で同じようにマメができちゃいました。宿舎に入ってとりあえずパッドを貼り応急処置しました。一応次の日も歩くつもりでいたので、この段階では水抜きはせず様子を見ることにしました。

次の日曜日は、午前中晴れ間も多く見られまあまあの天候になりました。足の具合のこともあったので軽めの旅程にして早々に切り上げるつもりで出発。前日と違い平坦コースですので、そうはいってもそこそこ距離は伸びて10kmは越えてしまいましたね。
豊橋を過ぎると一気に都市化してきますね。第二次大戦の空襲で主な史跡が焼失しているせいもありますが、そのまま残っている史跡はそう多くはなかった気もします。ですが、そうは言っても東海道ですので見どころはちゃんとありました。

足のマメは、結局帰り着くまで破れることなく、水膨れのままで切り抜けられました。ウォーキング自体は12時半ごろに切り上げ、最終的には17時過ぎに帰宅しました。
帰宅して薬箱に入っている医療用のハサミを消毒しマメを切開、水抜きしました。以降は痛みも治まり順調な感じです。そんなに空けずに続けられそうです。
順調にいけば、次回は岡崎を越えられそうです。天候次第と言ったところでしょうか。

※コースタイムは、撮影写真に記録されている時刻です。
※歩行中は地図確認等の小休止以外は歩いています。食事も原則歩きながら取ります。

6/16
時刻 通過地点
0800 弁天島
0851 新居町駅近辺
0903 新居関所
0924 棒鼻跡
0936 浜名旧街道松並木
1007 白須賀宿
1029 潮見坂下
1043 おんやど白須賀
1106 曲尺手
1122 境宿
1135 愛知県境
1140 一里山七本松
1145 有楽製菓工場裏
1150 三松園(コオロギ販売)
1236 二川宿入口
1257 山崎精肉店(本陣コロッケ)
1333 二川駅前
1428 飯村一里塚跡
1506 東八町
1531 吉田城大手門跡
1605 新豊橋駅

6/17
時刻 通過地点
0840 ルートイン豊橋
0902 とよはし
0913 日食わりばし
0936 名残の一本松
0949 豊橋魚市場
0950 豊川市境
1003 子だが橋
1015 小坂井踏切
1042 山本太鼓店
1104 小田渕駅近辺
1128 国府バイパス分断地点
1233 国府駅

こんな 18.06.20

(FhuOH)とても詳しいご報告、ありがとうございます。同じ区間を歩かれる方の参考になると思います。まだ長い道中、存分にお楽しみになって、発見の記録を残してください。ますますのご健脚をお祈りしております。

 

0033

6月2日~3日でまた東海道を歩いて参りました。 全回の続きで、袋井から弁天島までの行程です。天候にも恵まれ、快適なウォーキングを行うことができました。道中の撮影データをFBにあげておきますので御笑覧下さい。

https://www.facebook.com/hkamada1/media_set?set=a.1712049405552350.1073741837.100002419226548&type=3

次回は6/16-17、弁天島から吉田まで歩けたらいいなあと思っております。引き続きよろしくお願い致します。

こんな 2018/06/08

(FhuOH)引き続き、旅の途中のお便り、ありがとうございます。袋井から弁天島まで、かなりの長距離ですね。ちょっと、時間のメモも知りたくなりました。新居も面白い、新居からも思い白い。楽しく、お元気で、いい旅を続けてください。

 

0032

早速に完歩証をご送付いただきありがとうございました。携帯できる名刺判にカバーもついて、氏名や期間も印字されていて、とてもお洒落な逸品と感激しました。御社みなさまのお気持ちがこめられていると思いました。

少しだけ振り返りますと、沼津の神明塚古墳、金谷の諏訪原城跡、岡崎の予科練碑など、通常の観光では知りえない、様々な歴史に触れることができました。還暦目前の今だからこそ、感じることも多くありました。

naha 2018/06/07

(FhuOH)年齢によって、確かに感じることは違いますね。私は、とっくに還暦を過ぎて、今の歳のその場所との出会いを大切に思っています。場所は、ずっとそこにあるようでも、時代によって、いろんな人がその場所で、いろんなことを感じるでしょう。

 

0031

「ホントに届いた東海道57次完歩賞」うれしいです。この完歩賞をカードケースに入れにぶら下げ街道を歩こうかな。

現在歩いている佐屋街道は、2006/01に桑名宿から揖斐,長良を渡り輪中を北上、過日、皇太子が訪問された船頭平閘門経由立田大橋で木曽川を渡っています。 宮宿に着いた5/13は、歩き始めから雨で、持参の弁当も食べられず、熱田神宮近くのうどん屋に頼み込み、味噌煮込みを食べたことは鮮明に覚えていました。5月に付近を捜したが、10年前のこと、もううどん屋はなかった。

のりさん 2018/06/07

(FhuOH)「完歩賞」は、「完歩証」でもあります。街道で同好の人に出会ったら、ぜひ、話のタイミングにご利用ください。情報交換できるかもしれません。
 雨中の歩きも、結構印象に残ります。私も、強風、強風雨の体験があります。

 

0030

友達と歩き始めた東海道。時には一人で歩き、一度みんなで三条大橋でゴール。
その後は、関西在住の強みを生かして、高麗橋まで57次完歩。いつか、逆向きにも歩いてみたいものです。

まきぼう 2018/06/06

(FhuOH)そうなんです。街道文庫の田中さんに言わせると、往復を歩いてこそ、本当の完歩だそうです。方向で、地形も見るものも違います。弊社も、いつか、往復のメモを記したいと念じております。中山道は、京都~東京ですが、東京からのウォーカーが多いので、逆向き視点も気にしながら歩いております。

 

0029

知り合いから、三条大橋に到着の折には、出迎えて祝い酒を飲もうと、言っていただいています。京都在住の大学時代の友人からも早く京都まで来いと言われています。今年中には、静岡県を脱けて、愛知県、滋賀県まで行けたらと思い描いています。
妻は、御朱印帳を片手に、行く先々の神社で御朱印をいただくのも楽しみのようです。

「ホントに歩く東海道」は、必携のガイドブックになっています。助かっています。有難うございます。細かい制作努力に頭が下がります。これからも良いホントに役立つ歩き本を制作していってください。

グロシ 18.06.02

(FhuOH)ありがとうございます。いやー、さらにのんびりの5年で浜松、いいですね。京都の方が「早く来い」と言われるのも、ごもっとも。いいお酒になりますね。楽しみ。ぜひ、完歩のご報告をお待ちしております。

 

0028

3年半あまりをかけて京三条大橋に到着しました。歩き始めたきっかけは、広重の描いた『さった峠』をこの目で見たい」というものでした。京都まで歩くなど大それたことと思っていましたが、当時刊行の続くマップに「大丈夫だから安心していらっしゃい」と励まされ、背中を押されたような気がします。おかげで完歩できたことに感謝します。

また、途中で出会った多くの方々に励ましていただいたことも、ありがたい思い出です。

出かける際には、ルート地の天気をスマホアプリで確認しましたが、晴雨だけでなく、風速にも気をつけました。強風の中の長時間歩行は疲労のもとと考え、晴れていても風が強そうなときは計画を延期しました。

繰り返しになりますが、いろいろな方のおかげで完歩できたことに感謝します。

naha 18.6.2

(FhuOH)私どもも4年少しかけましたが、3年半の長期間をかけると、完歩の喜びもひとしおだと思います。人との出会い、自然ごの出会い、いろいろあります。私も、強風の思い出に印象深いものがあります。新居付近のJRが、強風で運行休止になるのが驚きでした。

 

0027

街道歩きで、富士山を見ることは、楽しみの一つです。箱根西坂では、曇りで、時に見える程度でしたが、6 月の原、田子の浦は、快晴で暑い中をずーっと富士山を眺めながらの素晴らしい街道歩きでした。薩タ峠からの富士山は、是非見てみたかった所で、予想どうりの景色で、念願が叶いました。

知立の松並木、二川や草津の本陣など、それぞれの宿では、思いで深いものがあります。

三条大橋はともかく、高麗橋は日本橋に比べて恵まれませんね。もう少し整備して、大きく明るく宣伝してあげたくなります。

宮から桑名が途切れるのは残念でしたので、2017/8/11と12に名古屋に一泊して佐屋街道を歩きました。雨のち晴の二日間で、津島神社にもお参りしましたが、暑い中を尾張大橋、伊勢大橋の鉄板の細い歩道を七里の渡し跡までやっと歩き、ホッとしたら桑名の駅までが長かった!

じゅんちゃん 18.5.12

(FhuOH)旅の思い出、ありがとうございます。私の思い出は、佐屋街道の桑名の手前、木曽三川をわたるところが、現調のウォークで長かった。ひどい悪寒に襲われ、歩行速度が極度に落ちて、やっと、桑名の七里の渡しが揖斐川岸で見えたときは、ホッとしました。到着の桑名の喫茶店で、悪寒からぱっと発熱して、隣の薬局で解熱剤を買ったのを思い出します。翌日は歩行を断念して帰京も考えましたが、嘘みたいに一晩で解熱して、桑名から元気に東海道を歩きました。

 

0026

街道を歩き始めて1年くらいになるものです。旧街道としては日光街道、水戸街道-陸前浜街道と歩いてきており、現在は東海道を袋井まで歩いてきたところです(基本、尺取です)。

https://www.facebook.com/hkamada1

見やすく詳しく具体的で扱いやすく、正に東海道徒歩の旅必携の地図です。ありがたいことです。地図となると、ネットで拾う事も多くなったご時世ですが、やはり自由自在に取り回せるのは紙媒体だと思います。電源も気にせず、ポケットから取り出せば、いちいち検索する手間も時間もありません。もはや戻れないって感じですね。

もちろん五街道制覇を目指しておりますので、東海道踏破ののちは中山道・甲州街道・奥州街道(宇都宮-白河)と流れていく予定です。少なくとも中山道まではお付き合いいただけるものと楽しみにしております。今後ともよろしくお願い致します。

こんな 18.5.30

(FhuOH)私どもも、五街道を踏破したいと思っていますが、いつになることやら。これから中山道を4年、その間、美濃路、ローカルなマイナー街道も予定があります。末永く、おつきあいください。ぜひまた、旅の途中報告で、お便りください。

 

0025

twitterでフォローさせていただいております。小学生の娘と街道を歩いております。よろしくお願いいたします。

武藏野狐勇 18.5.14

(FhuOH)小学生の娘さんとの街道歩き、いいですね。娘さんには、きっといい体験、財産になると思います。道は、人生のいろんなことを教えてくれますよね。

 

0024

是非、実施してもらいたいのがホントに渉る七里の渡しです。よろしくお願いします。

ムッチー 18.5.6

(FhuOH)名古屋の正文館書店さんで、講演会とのセットでの「七里の渡し」イベントが、強風で中止になったのが、とても残念でした。参加者からリベンジのご希望が多いのでずが、なかなその機会が見つけられません。やりたいです。

 

0023

五街道は数年前に歩き済みです。散歩カフェちゃらぽこさんで、 東海道講座をしていたときに、何回かお会いしている可能性高いです。(散歩カフェへは、東海道講座終わってから行っていませんが)東海道講座をしているときに、ほんとに歩く東海道をこれから作成すると聞いて、初回から買ってます。今は、ほんとに歩く東海道をみながら、三回目の東海道踏破に向けて歩き始め中です。

三毛猫 18.5.6

(FhuOH)マップのご購入、ありがとうございます。3回目とは、すごい。往復を歩かれましたか? 逆方向は、また新鮮ですね。

 

0022

蛇足になりますかな、京街道に載っている奈良街道も歩きました。街道歩きとは少し変わった街歩きを十分楽しみました。これに 触発されて、「ホントに歩く東海道第15集」に収録されている三条大橋~伏見を歩いてみました。特に三条大橋から四条南座間の町並みはおすすめです。

のりさん 18.5.2

(FhuOH)東海道57次は、髭茶屋追分から京に入らずに迂回します。でも、京から大坂へ行く旅人は、三条大橋からの場合は、この大和大路を歩きました。この道を街道マップとして取り上げたのは、弊社の「ホントに歩く」が初めてでしょう。京都の知人にもそう自慢しています。三条大橋~四条南座まででは、たしかに、ぶらぶらと花見小路の方へ入ると、京都独特の街のたたずまいが見られます。

 

0021

東海道57次も3月に踏破しまして、今は熊野古道を歩き始めてます。

旅好人 18.5.2

(FhuOH)踏破、おめでとうございます。熊野古道ですか。ご健脚をお祈りします。弊社にも、地図の発行はないのかとのお問い合わせが、たまにあります。

 

0020

ホントに歩く「東海道53次」第1集が発行された2013年からスタートし、2016年第15集まで4年間お付き合いさせていただきました。最初は箱根関所までで辞める積りが、貴社が続けての発行が決まり、それならば最後の三条大橋まで行ってみようと、踏ん切りがついたものです。
様々な名所旧跡を訪ね、道中名物の旨い食べ物を食し、そしていろいろな人との出会いがあったことは自分にとって何よりも大きな財産となりました。昼飯屋のおばちゃんにオロナミンCの差し入れを貰ったり、西側から来る旅人と挨拶をかわしお互いの健闘を祈ったりと「一期一会」を肌に感じることで、歩き旅の醍醐味を味わうことが出来まし た。感謝感謝です。

テリーさん 18.5.2

(FhuOH)ありがとうございます。同業の出版社の知人から、「箱根まででやめとけ」「沼津までで・・」「浜松までで・・」とのアドバイスがありながら、京までどころか、高麗橋まで、刊行できました。お便りのように、同行、ご一緒に歩いてくださった方々のおかげです。中山道も、たくさんの方の同行を願っています。

 

0019

完歩証の発行おめでとうございます。待ちに待っていました!
これまで風人社さんとは、2013年5月のやり取り(この時点ですでに東海道53次&57次を歩いていて、再度地図を見て、道中を楽しんでいる件)や、2017年 2月のやり取り(「大山道&R412」のケースの件)でお世話になっております。
右半身麻痺で、杖・装具を着装した障害者ですが、街道歩きをやっています。
東海道以外に、貴社発行の「ホントに歩く大山街道」「キャー!大山街道」に沿って、「青山通り大山街道」と「田村通り大山街道」を完歩しております。他の大山街道も、今後の歩くのが楽しみです。
東海道の脇街道としての三浦半島と東と西の「浦賀道」「金沢道」も完歩していますが、大山街道やR412に続く神奈川県内の街道歩きシリーズをお願いします! これからも、街道歩きに役に立つシリーズの発行を是非。待ちに待っています!

金太 18.5.2

(FhuOH)すごい街道歩きの達人ですね。すばらしい。神奈川県の道も、すでに調査途中のものがあります。発行したいと念じております。

 

0018

「東海道53次」を10回に分けて、ちょうど1年で踏破。2~3泊で1回とし、1日あたり15~25キロで、30日をかけて歩きました。宮宿から桑名宿までは佐屋街道を歩きましたが、舟にぜひ乗ってみたいと思いました。
城が好きなので、東海道沿いにある城には遠回りになっても立ち寄りました。特に山城が好きで、諏訪原城、丸子城、山中城では時間を忘れそうになりました。
間の宿「岩淵」の小休本陣常盤屋では、親切なご夫婦との出会いがありました。富士宮市で小さな旅館を経営していて、その日は岩淵でイベントがあってこられたとのこと。いろいろ説明をしてくださったり写真を撮ってくださり、後日「東海道を踏破したら遊びに来て」と写真が自宅に届きました。踏破してから富士のふもと白糸の滝の近くの旅館に本当に寄せてもらい楽しい一夜を過ごしました。こんな出会いも東海道を踏破したご褒美かもしれません。

ひらちゃん 18.5.2

(FhuOH)いい旅のご体験でよかったですね。楽しまれているご様子が、お便りかた伝わって、こちらも楽しくなりますね。いろんな方の旅の体験をお聞きしたくて、この欄を設けました。お便り、ありがとうございました。

 

0017

東海道歩きも、大山街道も、6月には、完歩できそうです。次は、何処を歩こうかと、勉強中です。ほんとに歩く大山街道、とても分かりやすい内容でした。

テニス美恵子 18.5.2.

(FhuOH)東海道、大山街道の完歩、おめでとうございます。次は、「ともに歩く中山道」。4年かかります。新聞広告に書こうと思っていますが、東海道中膝栗毛の弥次喜多さんは、京大坂から江戸への帰りは中山道で、『膝栗毛』の続編は中山道。それで、庶民の間に戻りは中山道がはやったそうです。そのうち、ぜひ、同行登録をご検討ください。

 

0016

五十三次と中山道は、他社の地図を利用して一人で踏破。五十七次踏破を目指し、ホントに歩くとにらめっこ中。

ともとも 18.5.2.

(FhuOH)東海道53次、中山道の踏破、おめでとうございます。57次の京街道は、今までの家康の東海道から、ガラッと秀吉の道に替わります。大阪城に到達すると、ひとしおの感慨です。地形も名所も名物も、また趣が違います。よい旅を、お楽しみください。

 

0015

大山街道青山道、大山街道ステーション道、R412に続き東海道を完歩できて感激です。東海道は当初箱根までのつもりが、ウォークマップがどんどん続いて行くので、勢いで三条大橋まで歩 いてしまいました。ウォークマップがなければここまでは歩けなかったかも。途中、七里の渡し企画が直前で決行断念になった事や、名古屋の書店で「エイエイオー」やったり、風人社との思い 、出もとても多く残っています。ありがとうございました(^^)

Osawagase 18.5.2.

(FhuOH)「エイエイオー」は、懐かしいな。風人社が完歩できたのは、グループのみなさま初め、多くの方のご声援に助けられたからでした。お世辞でなく、特にOawagaseさんの励ましは大きく、「ホントに歩いた完歩証」は、この言葉をOawagaseさんが仰っていたと耳にし、同じことを思っていた私に、お気に入りの言葉となりました。完歩証の生みの親かもしれません。感謝。

 

0014

今のところ、地図を見て歩いた気分になってます。

つむぎ 18.5.1.

(FhuOH)海外トレッキングなど、ダイナミックなウォークがしばらく続きますので、街道歩きは、まだまだ先で。

 

0013

世田谷区境ウォーク参加しました。これからもよろしくお願いいたします。

ミミ 18.04.23

(FhuOH)世田谷区境ウォークは、楽しかったですね。「もう一度」と希望される方がおられて、私どものもやりたいな、と思っています。次は、反時計回りで。なかなか実現できませんが。

 

0012

お世話になります。遅くなりましたが東海道版に続き、中山道刊行おめでとうございます。先日、鈴鹿峠を越えて水口に到着しました。峠越えや関・土山宿の風情と街道歩きのだいご味を感じました。数種のガイド本を購入していますが、「ホントに歩く」が現地の案内が詳細で頼りになります。腰の持病のため少しずつ歩を進めていますが、この先が楽しみです。

Naha 18.04.19

(FhuOH)腰の持病とのことですが、無理せずに、楽しんでお歩きください。歩くことが、腰にもいい効果をもたらすに違いありません。鈴鹿も土山も、数回取材で訪れ、印象深いところです。いろんな思い出をみんなが持っています。フォーラムで、ちょっとずつお話ください。

 

0011

とても詳細なマップなので、東海道歩きのお供にとても重宝しました。現在発行されている地図の中では、1番詳しいのでは?と 思います。トイレの場所、飲食店、スーパーの場所等も掲載されているし、各地の名物等の情報もあるのでありがたいです。他の 街道のマップもあればよいのになあ。

のえる 18.04.19

(FhuOH)ありがとうございます。編集部の全部現地調査でつくるので、いろいろできないのが残念です。でも、作っている者が歩いているからこそ、街道への思いがいっぱいです。みなさんと同じです。その思いを、この欄で伝えあうことができれば楽しいな、と思っています。

 

0010

ホントに歩くが刊行されている街道を歩く時には、なくてはならない資料になっています。このシリーズのおかげで、自分で調べることの楽しさを学んだような気がしています。五街道だけでなく、脇街道も網羅する息の長いシリーズにしてください。いつも新刊の刊行を楽しみにしています。

まるにの 18.04.18

(FhuOH)佐屋街道の独自調査など、素晴らしい。特に、河川の流路、流域の変遷の調査方法の話をぜひお聞きしたいと、つねづね思っています。河川は難しい。

 

0009

お世話になっております! よく分かりませんが、ご協力できることがあればお知らせください!

ぱきら 18.04.18

(FhuOH)ありがとうございます。こちらこそ、お世話になっております。弊社自身、よくわかっておりませんが、今まで寄せられてきた弊社へのお便りがそのままではもったいなく思いました。今後は、こういう欄を続けてみたいと思っていますが、いつまで続くか。よろしくお願いします。

 

0008

H.29.10.9に、三条大橋にゴールしました。阪急交通社の企画でしたので、殿様旅のようにゆったり楽しめました。8月は企画が夏休みなので、一人で佐屋街道を2日がかりで歩きましたが、時々、路が分からなく、また雨にも逢い、暑い日差しの中で、長い尾張大橋、伊勢大橋を渡って、やっと桑名の七里の渡しに着いたときは、疲れと満足感とで一安心。津島神社にもお参りして、東海道を歩いた?ことに感謝でした。

引き続き京街道を歩いて、H30.3.12高麗橋にゴール。「ホントに歩く東海道」にはお世話になりました。

じゅんちゃん 18.04.16

(FhuOH)マップのご利用、とても嬉しいです。佐屋街道、私の取材時の尾張大橋、伊勢大橋では、途中で凄い悪寒に襲われ、歩く時速が4分の1にまで低下しまして、揖斐川河岸で七里の渡しが見えたときには、ほんとにホッとしました。到着した桑名で、ちょうど発熱しましたが、翌日はすっかり復活して、元気に歩きました。

 

0007

昨年末より、青春18きっぷの期間に合わせ、京街道追分~高麗橋を歩き、第16集掲載の小野~伏見六地蔵ルート、MAP No.60三条大橋~伏見を歩きました。伏見稲荷に初詣しちゃったり、醍醐寺の桜を満喫したり楽しみました。

さて、中山道です。三条大橋草津間は割愛して、その代わりに五月の天候の良い日に、東海道MAP No.58に小関越が詳しく載っていますので、ゆっくり歩いて来ようと思っています。気まぐれですから、まともに歩けるでしょうか。

のりさん 18.04.16

(FhuOH)弊社マップの完全制覇みたいに歩かれていますね。マップ版元としては、嬉しい限りです。弊社の準備が整いましたら、完全制覇の完歩証ラインナップを、ぜひ、お申し込みください。小関越は短いので、三井寺からの琵琶湖風景を楽しんだり、そして、おすすめは、疏水散策です。紅葉なら、毘沙門堂も。

 

0006

フォーラムを楽しみにしています。中山道は、今年中に歩き始める予定です。世田谷区境散策でお世話になりました。この世田谷散策の再開のご検討も、よろしくお願いいたします。

カツゾウ 18.4.15

(FhuOH)区境ウォーク、ご参加でしたか。ありがとうございます。また、やりたいですね。いろんな勉強にもなりました。

 

0005

2013年8月に、仲間と日本橋をスタート! 東海道歩きを御社のマップを頼りに歩き始めました。現在、亀山宿まで歩いています。途中、佐屋街道も歩きましたよ! このマップのおかげで、街道歩きが私の趣味になりました。ありがとうございます! マップは全て購入してます!(ジュンク堂池袋本店で) 東海道の次は、中山道にチャレンジします! 引き続き宜しくお願いします! このマップが無いと歩けませーん。

ふぅ 18.4.15

(FhuOH)ありがとうございます。佐屋街道も! さすが。中山道、どうかよろしくご同行ください。

 

0004

現存する江戸時代の旅籠か、または、宿場内に銭湯が存在する街道を特に選択して、歩いている。「現存旅籠マニア」「銭湯マニア」です。埼玉県在住なので、江戸時代に自分が存在し、上方方面を目指した場合、使用したであろう街道として、現在、地元の中山道を通行しています。その中でも、江戸時代を連想させ、江戸時代の旅人の息づかいを感じることにより、人間の喜怒哀楽を感じられ、今の自分の心にも、それを追体験できるコースを選びながら歩いています。また、姫街道も取組中。姫街道は、今月中に完歩予定です。完歩したら連絡します。

ナベちゃん 18.4.14

(FhuOH)姫街道の完歩ご報告、お待ちしています。銭湯はいいです。街道筋にときどき、ホントにふっと入ってみたくなる銭湯がありますね。

 

0003

6年かけて、すこしずつ歩いています。最近、同じように歩いている人をよく見かけます。声をかけると2回目ですと言う人もいました。時には女性も見かけます。ある時は、私が御社の地図を忘れて困っていると、御社の地図を持っている女性から一緒に歩きましょうと誘われて歩くこともありました。1年に数回しか歩けませんが、御社の地図を頼りにしています。東海道がおわったら、中山道を歩きます。地図の発行楽しみです。

くんちゃん 18.4.14.

(FhuOH)ありがとうございます。びっくり、すごいですね。マップをお持ちの方とお会いになるなんて。しかも、「一緒に歩きましょう」なんて、とても希で、嬉しい話です。

 

0002

父を亡くしたこともあり、お遍路さんも歩いて一周を終えましたが、お四国病に罹患してしまったよう、で2回目を考えています。「ホントに歩くお遍路さん」も企画して欲しいですね。と言っても、私はもう1回歩いてしまっているのと、お遍路地図を2種類持っているので、地図を発刊されても、買わないかも知れませんけどね(^_^)。

MJBぢぢい 18.4.14

(FhuOH)お遍路さん、すごい。巡礼1万分の1地形図は、いまのところ、想定外ながら、興味はあります。地図は、何枚でもお買いください。私は、以前、同じ地域の山岳地図を毎年買い続けていました。

 

0001

時間のある時に夫婦で「ホントに歩く東海道53次」を片手に東海道を歩いています。日本橋からスタートし現在七里の渡しに到達しました。今年中に桑名から終点京都まで行けたら良いと思っています。

MINI 18.4.14.

(FhuOH)次は、鈴鹿越えですね。もう少し。お気をつけて、楽しい旅を。

 

 

ご注文は電話でも承ります。 TEL 03-3325-3699 受付時間 平日 10:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社風人社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.