総合出版・編集プロダクション 「ホントに歩く」東海道・中山道

「ホントに歩く」ラウンジ

このページでは、弊社からの連絡や情報提供、会員のみなさまからいただいたお便りや情報から、整理して(若干の修正も)転載させていただきます。

フォーラム自体、しばらくは手探りで、いろいろな不備や御迷惑をおかけすることと思いますが、よろしくおつきあいくださって、ご意見や近況、情報提供など、お寄せください。(下記ボタン)

フォーラム事務局から、「完歩証」「同行登録証」を発行します。これも、まず、実験的な仮版ですが、ぜひお申し込みください。
(「ホントに歩いた」東海道完歩証、ブロンズ(試行版)できました)

完歩証のお申し込みはこちら

 

 

ホントに歩くラウンジのイメージ

 

0105 7集、待ってました。

『ホントに歩く中山道』第7集、まもなく発刊とか、待ってました。でも早かったですね。第7集発刊までの間、昔歩いた美濃街道を、もう一度歩いて待っていようかと思っていました。

ボウモア 19.11.30

(FhuOH)お待たせいたしました。いつも、ありがとうございます。今回は、あまり遅れもひどくなくて、完成にこぎ着けました。取材も編集も、いつもにもまして力の入ったものになったと、安堵しています。発送まで、今しばらくお待ちください。

 

0104 二川宿本陣資料館企画展「江戸時代の旅と温泉」

鵜沼に住む読者のOさんからご案内をいただきました。「私の好きな二川宿の展覧会のチラシです」
東海道には本陣が111軒ありましたが、現存するのは草津宿の本陣と、ここ二川宿本陣のみです。
ここで旅と温泉の企画展が開催されるという嬉しいお便りでした。

2019年11月30日〜2020年1月13日まで。最寄り駅は、東海道線二川駅です。
『ホントに歩く東海道』第9集、№35が該当マップになります。
二川宿本陣資料館HP https://futagawa-honjin.jp/

二川宿本陣資料館 江戸時代の旅と温泉展チラシ

江戸時代の旅と温泉展 表

二川宿本陣資料館 江戸時代の旅と温泉展チラシ裏

江戸時代の旅と温泉展裏

 

「江戸時代、庶民の旅は伊勢参りに代表される寺社参詣が主流でありましたが、このほかにも全国各地に所在する温泉へと向かう湯治の旅も盛んにおこなわれていました。医療行為でもある湯治は、心身の療養に最適であり、人びとは7日間を1サイクルとする旅を楽しんでいました。
本展覧会では、江戸時代の人々が湯治に際して参考としたガイドブックや一枚刷の名所案内、道中案内などを紹介するとともに、湯治の旅を記録した旅日記により、その足跡をたどり、江戸時代の旅の文化を探ります。」(企画展チラシより)

 

ぜひ東海道歩きでも、スポットでの二川宿訪問でも、訪れてみてください。
寒い空っ風にはご注意を。

19.11.29(こ)記

 

 

0103 「中山道ぎふ17宿歩き旅」に参加しました

『ホントに歩く中山道』第5集の御嵩宿に着いたが、先が思いやられて、歩が進まずにいた。今回、JR東海さわやかウォーキング「紅葉満喫~中山道・琵琶峠と大湫宿」に参加した。
当日、釜戸駅までの車中、スマホで、【中山道ぎふ17宿歩き旅】とのサイトにたどり着いた。サイトによると、「ぎふ17宿」に関するいろいろな企画があったようで、これは、本年最後の歩き旅「大湫宿~細久手宿~御嵩宿」だった。

参加費2000円、距離約17.7㎞、所要時間約4時間30分
スタート受付 9:00~10:00 大湫コミュニティーセンター
ゴール受付 13:30~15:30 みたけ華ずし
参加特典 大湫宿焼き立て五平餅 飛騨牛弁当 みたけ華ずし
瑞浪駅より大湫宿無料バス 1便8:50 2便9:30

を早速申し込んだ。

さて23日、ひとりではちょっと不安なので、友人を誘う。しかし、東海道線一部濃霧のため遅延、中央線予定の快速に乗れずヤキモキした。タクシー代自費覚悟でスタート地点までと考えたが、バス2便に滑りこんだ。
スタートは10時ころの最終出発で、寂しい思いだった。道中、登り下りの連続で、15:40にリタイア寸前で完歩した。
後遺症は、足底にまめができる寸前で皮がむけかかってるが、足の筋肉痛はない。後期高齢者ならぬ、82歳終末高齢者には厳しいコースであった。
この企画は3年目で、昨年はリタイヤがあったが、今年は参加者65名全員完歩したとのことです。
来週末は、大湫宿~大井宿を歩くぞ!

このイベントは№55、だったと思いますが多くの企画があるようです。本年度の他イベントは残り少ないようです。次年度他の宿場間の企画を楽しみにしています。

「中山道ぎふ17宿歩き旅」の公式サイト https://nakasendo.asia/
ぎふ歴史街道ツーリズム事務局 TEL 0584-71-6134

ホントに歩く中山道第7集楽しみです。

のりさん 19.11.25

(FhuOH)ご報告、情報のご提供、ありがとうございます。いやあ、82歳のウォークご報告とは思えぬご健脚ぶりに驚嘆します。最終スタート、リタイア寸前ゴールは、ドラマですね。はらはらでしょうが、楽しまれているご様子も伝わります。
 今週は、大湫からですか。どうぞ、お気をつけて、いい旅をお続けください。

 

0102 同じ日に同じ宿場におりました。

11/3 馬籠宿〜馬籠峠〜妻籠宿〜JR南木曾駅を歩きました。二つの宿場はたくさんの人でにぎわっていましたが、街道は意外に閑散としていました。やはり半分くらいは外人さんでした。

妻籠の先で街道から離れて妻籠城址を見学。ひっそりとした山頂から見た南木曾岳は雄大でした。自分でも結構歩いたなと思いましたが、もっと上を行く人たちに会いました。なんと11/2の朝、JR岐阜駅を出発して中山道をずっと歩き続け、11/3に南木曾駅のゴールまでなんと102Km歩くという・・・。「第3回中山道・木曽路ウルトラフリーウォーキング100Km」だそうです。日本ウルトラウォーキング協会ってのがあるんですね。つい、「体にわるいよ〜」と言ってしまいました。

次回は南木曽から北に、さてどこまで行こうかな?今度はホントに歩く中山道第7集を持って歩きましょう。発刊を待っています。

ボウモア 19.11.6

(FhuOH)いつもお便り、ありがとうございます。今回も、同じ頃、中山道の同じ区域を私どもも現地調査で歩いていました。
11月3日、まったく同じ日に、同じ場所にいました。中山道祭りで、馬籠では、和宮降嫁行列のイベントを見ました。妻籠城跡は、私も行きました。妻籠宿の屋根並も見下ろせました。どこかですれ違っていますね。

2019年11月3日馬籠宿。和宮降嫁行列

2019年11月3日馬籠宿。和宮降嫁行列

2019年11月3日 妻籠城跡から妻籠宿を見下ろす

2019年11月3日 妻籠城跡から妻籠宿を見下ろす

 

 

 

 

 

馬籠宿に西から入る手前に、振り返ると木曽川が見える絶景のポイントがありますね。正岡子規句碑のあるところ。そしてそこから少し東に登っていくと、1か所、民家の屋根越しに木曽川が遠望できるという珍しいポイントがあるのを地元の人に教わり、馬籠宿から走って戻って写真にとりました。第7集に掲載したいと思っていますが。

2019年11月3日 馬籠宿西から振り返ると木曽川が見える。城山大橋も

2019年11月3日 馬籠宿西から振り返ると木曽川が見える。城山大橋も

2019年11月3日 馬籠宿西の正岡子規句碑のある丘(信州サンセットポイント100選)

2019年11月3日 馬籠宿西の正岡子規句碑のある丘(信州サンセットポイント100選)

 

 

 

 

 

 

30時間ウルトラウォーキングの人たちとは、何人にも方とお話ししました。南木曾駅午後4時最終ゴールのアンカーも見ました。
翌日は、与川道を野尻まで歩きました。ボウモアさんの次回に間に合えば、弊社マップを手に歩いていただけそうですね。

また、お便りください。

 

0101 80歳になった記念に東海道

今日、東海道を日本橋から三条大橋まで完歩されたMさんからお電話をいただきました。その方は、インターネットができないということで、お聞きしましたことを以下に要約いたしました。

Mさんは2年前、旅行会社から東海道を歩くパンフレットが届き、80歳になった記念に夫婦で歩こう! と申し込まれました。平成28年10月、第1回目の日本橋から品川までをご夫婦で歩いたところ、奥様が足が痛くなってしまいリタイア、2回目の品川から川崎はMさんお一人で参加するも、いつもグループ後方を追いかけていて、他の参加者のペースについて行けないかもしれないと、完歩を断念したそうです。

その後、一人で自分のペースで歩くにはどうしたものかと考えていたところ、途中の休憩で寄った東海道かわさき宿交流館に昔の旅人の装束や街道の展示があったことを思い出し、ご相談に行かれました。そこで、「ホントに歩く東海道」を薦められ、購入してくださったそうです。

Mさんは、駅から駅へという方式で、ほぼ日帰り、40日間、足かけ2年で、日本橋から京都三条大橋を歩ききりました。
小田原までは東海道本線で、その先は新幹線を利用。自分の体力を考え、ペースは一日15キロを5時間かけて歩くので、時速3キロです。
朝3時に起き、始発に乗って東京駅から新幹線。3時頃までには目的駅に着き、帰宅するというパターンを守ったといいます。宿泊したのは、関(亀山市)に二泊、草津(草津市)に2泊だけだったそうで、新幹線の早さのおかげで助かったとおっしゃっていました。
いちばん長くつらかったのは、鉄道駅がなかった静岡から藤枝で、21キロを9時間半かけて歩いた時だそうです。

当初、旅行会社のツアーをキャンセルしたときは、無理かとあきらめていた東海道完歩が、一人でできたことがとても嬉しく、「ホントに歩く」に出会ったおかげとおっしゃってくださいました。
弊社も、Mさんのような歩きに同伴できたことはとても嬉しく、また歩いて下さったことに感謝しております。

いろんな東海道があるなあと、少し長い電話話を伺いながらしみじみと思いました。
歩かれているみなさん、それぞれの東海道があると思います。
ぜひ、ラウンジに思い出や経験のお裾分けをしていただけると、ありがたいです。

19.11.6(こ)記

 

0100 中山道は、外国人が70%

10/17(木)、いつもと逆方向ですが、落合宿から大井宿まで歩きました。日本人にはひとりも会わず、落合と中津川の間で、イギリスからの10人ほどと、オーストラリアからの10人ほどにすれ違いました。それぞれ中津川から妻籠まで歩くという。楽しそうに歩いていました。

コースは概ね問題ありませんでしたが、中津川インターの脇を通過する時はちょっとあれ?と思いました。見慣れた中山道の道標が無かったのです。

今度は「ホントに歩く中山道」を持って出かけます。

ボウモア 19.10.19

(FhuOH)先日もお便りいただきました。ありがとうございます。

ちょうど私も、第7集現地調査で、大井~野尻までを何回か往復しています。茶店のご主人に聞くと、ここのところ、平日でも300人が通過するとのこと。その70%が外国人とのこと。わたしは、ちょっと違うな、と思います。70%どころか、90%以上でしょう。ボウモアさんも、そう思われるでしょう。

先週、妻籠から南木曾へのバスに乗ったら、4、50人の乗客は全て外国人で、日本人は私一人でした。南木曽駅のホームでも、バス停のある駐車場でも、日本人は見かけませんでした。別の土産物店の店主に聞くと、以前、イギリスのBBC放送で、有名な俳優が旅行番組で中山道を紹介したのがきっかけで、イギリスだけでなく、ノルウェーやスウェーデン、(私が会ったのはイタリア人)の旅行者がとても多いとのことでした。中国、台湾、韓国人は見かけませんでした。私の知人によると、外国人向け旅行代理店では、中山道のガイドや、ツアーが人気だそうです。やはり、ヨーロッパ人だそうです。

 

0099 自宅近くを中山道が通っています

先日、中山道第6集をメールで注文した際、アドレスが届かなかったにも関わらず、早速本を送って下さってありがとうございました。18日に振込ました。スマホ初心者で迷惑かけました。自宅近くを中山道が通っていますので、本を持ってウォーキングしたいとおもいます。

ながちゃん 19.10.19

(FhuOH)自分の地域の見知った道なのに、地図を持って、しかも街道を意識して歩くと、きっと違ったものが見えてくることでしょう。もし、なにか見付けられたら、ぜひ、また、お便りください。

 

0098 先行の方はぜひ情報のお便りを!

昔はあちこちの山を歩き回りました。国内だけでなく香港の山、韓国の山、合わせて600座ほどになりました。7-8年前連れ合いが膝の手術をして、長くは歩けなくなったのを機に、山歩きから遠のきました。そこで「街道歩き」に転向です。
現在72歳、中山道をどこまで歩けるかは分かりませんが、行けるところまで行ってみようと思います。第7集は間に合いませんでしたが、あさっては、恵那から落合まで歩こうと思っています。
中山道歩きはひとまず塩尻峠を目指して頑張ります。「ホントに中山道」に大いに期待しています。編集、頑張ってください。

ボウモア 19.10.15

(FhuOH)さっそくに、ありがとうございます。山を歩かれていたんですね。600座はすごい!
第7集、間に合わなくて、ごめんなさい。歩かれた後でも、もし、マップを見ていただければ、嬉しいな。私たちのこれからの取材区間、歩かれたお便りをぜひ、お願いします。お待ちしています。

 どうぞお気をつけて、道中を楽しんでください!

 

0098 中山道第7集の発刊はいつ?

ホントに歩く中山道、第7集の発刊はいつですか?
今後の発刊予定を知りたい。

ボウモア 19.10.14

(FhuOH)フォーラムのお申し込み、ありがとうございました。今後ともよろしく、お願い申し上げます。

 『ホントに歩く中山道』発行スケジュールのお問い合わせ、ありがとうございます。1集ごとの発行インターバルを3ヶ月の予定としています。
 第6集が、2019年8月29日付でしたので、第7集予定は、11月末を目指しております。
ただ、なかなか予定通りに行かないこともよく生じまして、読者のウォーク計画によって新刊をお待ちの読者の方には、今まで、御迷惑をおかけしたこともありました。申し訳ありません。発行予定に従って、ウォークの予定、休暇や切符・宿泊予約をおとりになって、発行が遅れますと、多大な御迷惑をお掛けすることになります。私どもの願いは、発行に伴って、つまりは伴走してくださってご利用いただけるのが、同行感があって、とても楽しく有意義なのですが、御迷惑を完全に避けるのができないのが、心苦しいです。

 そこで、もし、発行に従って歩かれる方には、ご提案ですが、新刊発行後に行う予定の新刊現調報告をお聞きになって計画を立てていただければ、コースの案内や、とっておきのヒントもお伝えでき、マップを最大限に有効利用してただける可能性が広がります。もし、報告会にご参加できなくても、その旨のご連絡をいただければ、何かご参考になることをお伝えできるかもしれません。
 じつは、10月11日にあった東海道宿駅会議藤枝大会に参加後、『ホントに歩く中山道』第7集の現地取材調査で中山道に赴く予定でした。しかし、台風19号の影響で、12・13日とも不可になってしまいました。発行計画に影響を及ばさないよう、計画の立て直しをする予定です。
 大出版社の計画発行とは違い、手作りの取材、編集、制作で、ご心配、御迷惑をおかけしますことを、重ねましてお詫び申し上げますとともに、どうかよろしくご理解、ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。その上で、ぜひとも、中山道を同行していただけますよう、願っております。ご健脚をお祈り申しあげております。

 

0097 同じ地図をもっている人に遭遇すると

先の日曜日、久しぶり中山道、美江寺宿~加納宿へと出かけた。
長良川右岸馬頭観音堂で、「同じ地図を持ってますね」と中年のご夫婦に声をかけられた。
風人社の地図を持参する人はみかけるが、親しく会話する経験ははじめてだ。

嬉しかつたね! 何か好いことがありそうな気分になった。

昼食は、地図に、岐阜駅南に大正庵(うどん)の文字が目に入り、迷わず決めた。なにかにつけていい日でした。

のりさん 19.9.17

(FhuOH)同じ地図を持っている人に遭遇すれば、そりゃ、声かけたくなります。弊社マップは、メジャーでなく、持っている人はマニアック(私は「持ってるだけでプロ」と言ってます)なので、同志のように感じられて、親しみを持ちます。私たちの現地調査では、もちろんまだ出来てない地図なので、逢うことないのですが、以前、大山街道で、弊社本を手にして歩いている人と話したことがありました。

仰る通り、なにか嬉しくなりますね。

 

0096 寄り道できなかったところへ行ってみました

先日、青春18切符と『ホントに歩く東海道』を握り締めて、1年ぶりの日本橋へ行ってきました。昨年はゴールを急ぐあまり、寄り道できなかったところへ行くために。
先ずは蒲田の銭湯?? 黒湯に入りたくていったのですが、工事中? 廃業したのかも? 池上線で久が原の駅の近くの銭湯にいくことに予定を変更! ホントに真っ黒なお湯でした。柔らかい肌触りのお湯で満足。
足を伸ばして弥次喜多も行った川崎大師に寄り道。参道でテレビのロケに遭遇。やっぱり東京! 次は鶴見。裕次郎のお墓のある総持寺。昨年も寄り道したかったのですが、時間の関係で断念。やっと夢が叶いました。小樽の裕次郎館にもいつか行ってみたいと思います。
次の日も各駅停車の電車に乗り、大磯や小田原に立ち寄って帰路に着きました。
中山道歩きは、今、中断中。年末に令和元年のお伊勢詣りをするために、日永の追分から伊勢街道をスタート。益々街道歩きにはまってきました。楽しいですね。

テクテク 19.9.9

FhuOH)お便り、早くにいただきながら、本ページアップが遅くなり、申し訳ありません。いつも、楽しいお便りをありがとうございます。
寄り道できずに気になっていた所へ、改めて行ってみるのはいいですね。どなたにも、ありますよね。特に街道から離れていて、行きたくても断念したところなど、気になっている思いが強いぶん、楽しい訪問になります。黒湯も弥次喜多も裕次郎も、よかったですね。
伊勢街道ですか? ぜひ、また、伊勢街道のお頼りをください。お待ちしています。

 

0095 保存樹クスノキ、残念!

ホントに歩く東海道第16集MAP No.63のmapC27番「保存樹のクスノキ」は、2018年の台風で倒れて無くなっていました。
mapD31番「橋本の古い家並み」は、橋本遊郭の跡で、映画「鬼龍院花子の生涯」(夏目雅子主演)のオープニングとエンディングで主人公が訪れる場面に字幕入りで出ています。今では当時の家屋が少なくなってしまっていますが、玄関周りに欄間やステンドグラスの飾りなど、注意して歩けば痕跡を見ることができました。

かすがのた 19.7.24

(FhuOH)えっ、台風で倒れた。ここは、大事なポイントでした。近年の台風で、街道史跡のあちこちで倒壊したまま、標識の再設置もされないままのところも多くあります。私も、倒壊直後に通過した史跡もありました。マップには、そこにあった記録が残りますが、現場現況との照合に時の流れが滲んできますね。
橋本の街並は、本当に映画的シーンの情趣があって、一人歩きでも「ほっ」と声が出そうですね。「街道歩いてよかった」なんて、現調で思ったことを思い出しました。
早速に、体験情報をありがとうございました。

参考:ホントに歩く東海道 第16集 №63 八幡市橋本周辺の写真

八幡市木津川沿いのクスノキ

 

0094 『ホントに歩く東海道』第2集 追加情報

map No.6の鉄砲宿バス停の近くに「俣野別邸庭園」があります。焼失した俣野別邸は再建されて、内部も公開されています。庭園も広く、散策しながら様々な動植物の観察ができます。
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/matanobettei/

map No.7の、藤沢宿の常光寺入り口の消防署の並びにある関次商店の蔵が、「パンの蔵 風土」というパン屋になってオープンしました。蔵の内部も見学でき、買ったパンを食べるイートインスペースもあるので、街道歩きの休憩スポットにも良さそうです。

http://shonan-garden.com/?p=31308

のえる 19.7.22

(FhuOH)このような、歩かれている方からの情報はとてもありがたく、感謝申し上げます。このラウンジの一つの目的は、まさにこのような現時点の当地の情報の交換の場であることです。歩かれている方の体験も、また貴重です。

この欄をご覧いただいている方からの情報のご提供をお待ちしています。写真添付も歓迎です。

『ホントに歩く東海道 第2集』
該当マップ部分↓

ホントに歩く東海道第2集 マップ№6 俣野別邸庭園

ホントに歩く東海道第2集 マップ№6 俣野別邸庭園

ホントに歩く東海道第2集 マップ№7 関次商店蔵

ホントに歩く東海道第2集 マップ№7 関次商店蔵

 

 

 

0093 コース通過点の表示の検討

 「美濃路」も購入。9月末から友人たちと(65歳以上の元美女4人)、美濃路を歩く計画を立て、今、計画表をそれぞれに送ったところです。HPの写真が有り難いです。

  ところで,お願いがあります。

  1つめ。各地図の表紙にコース概要が載っているのですが,その地点と地図とを照らし合わせるのに地点が見つけにくいです。わかりやすくなるといいなあと思っています。

  2つめ。京街道のところでマップNo61(ホントに歩く東海道 第15集)で名神高速を横切るところの「京都南10」は閉鎖されていました。(2019年5月11日)「京都南9」が通れました。通れなかったらどうしようと冷や冷やしました。(京街道No61名神高速の件はすでに訂正がHP上でありましたね。<第二便で>)

  3つめ。同じ地図の番号(32)がわかりにくかったです。拡大して載せていただけるといいかなあ…と思いました。

  4人で街道歩きにはまり,美濃路は全員が風人社さんの地図を片手に歩きます。これからもよろしくお願いします。

ミーちゃん 19.7.9

(FhuOH)東海道57次を弊社マップにての完歩、おめでとうございます。そして、美濃路をご購入いただき歩かれるとのこと、嬉しく存じます。美濃路は、東海道線、東名高速道路の経路と同じなので、美濃路を東海道と思っておられる方も多いと思います。現代の東海道ですが、江戸時代だって、多くの旅人が美濃路を歩きました。お楽しみください。

マップについてのお気づきの点をお教えいただきまして、ありがとうございます。

1.コース概要、通過点までご覧いただいていることに感謝します。なるほど、と考えました。あまり、この目的、意図が,明確でなかったことに反省します。今後の大きな検討項目として考えます。すぐにマップに反映出来ないかもしれず、また、シリーズの途中の大きな変更も困難かもしれませんが、ご教示の点に注意して、少しでもわかりやすくなるようにしたいと思います。

2.は、すみません。こちら(下記リンク)に訂正をアップしました。
ホントに歩く東海道 第16集訂正

3.も申し訳ありません。拡大図は困難かもしれませんが、増刷時にわかりやすいように検討します。ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

 

0092 転勤も街道歩きには幸運

本年5月、東京日本橋から大阪高麗橋まで4年半かけて完歩。現地が遠くなるにつれ、歩く機会が少なくなっていましたが、昨年7月に東京から大阪に転勤したため、「この機会を逃してなるものか」と、三河から一気呵成で大阪まで。

大阪勤務が引き続き2年目となるため、中山道にも挑戦することにし、本日、滋賀草津を出発しました。大阪勤務中にできるだけ東進しようと考えています。

(追伸)中山道MAP No.5の解説5ページに、野洲駅前の交番名に守山警察署とついていることを不思議とする記載がありますが、これは単に守山警察署が野洲市も管轄しているからに過ぎません。調布警察署が狛江市も管轄していることと同じです。

PRD1 19.7.7

(FhuOH)大阪転勤が、街道歩きには幸運になりましたね。東海道57次の完歩おめでとうございます。そして、京都からの中山道の折り返し。弊社マップについては、ぴったりで、嬉しい限りです。ただ、弊社の中山道が3ヶ月インターバルで、いま歩かれている方にはすぐに追いつかれて、お待たせし、ご不便をおかけしています。

しかし、私たちと同行していただいているのが、とても心強く、また、とても楽しいです。今後ともよろしくお願いします。

あっ、守山警察、おっしゃるとおりで。弊社の前の世田谷通り、すぐ近くの岩戸交番(狛江市)で、引っ越した直後に「ここは調布警察なんですね!」と立ち話したことがありました。どうもありがとうございます。

 

0091 京都から東へ関宿まで

京都から東京までを歩いています。まだ関宿までですが、休みを利用して分割歩きです。

ジンタ 19.6.28

(FhuOH)休み利用の尺取り歩きは、長期にわたりますが、しだいに到達点へ向かっているのを実感できて、楽しいものですね。東向きの道中感想も、ぜひ、お聞かせください。

 

0090 富士川も白須賀も各務原も地形を歩いて

中山道イベントの記事や投稿、興味深く拝見しました。
東海道の道中では、どれだけの先人がこの風景を見たのだろう、とさまざまな地で思いながら歩きました。また、源平の富士川の現在の流域との違いや、白須賀の潮見坂など長い時間の中での地形の変化が興味深かったことなども思い出されます。
いろいろな形で、お話をうかがえる機会を楽しみにしています。

naha 19.6.28

FhuOH)いつもお便り、ありがとうございます。私も、富士川、白須賀、地形的体験の思い出が多いところです。
普通、街道を歩いていて、地形を意識することは希ですが、『ホントに歩く中山道』第5集マップNo.17は、西から東へ、ちょうど各務原台地を一直線に横切ります。その東端の崖を下る、名鉄の「にんじんカーブ」や、台地縁の崖を、イベントで現地調査しました。マップNo.17 P.2下欄の図を頭に置いて、ここを歩かれるのもいいと思います。普通には思いつきません。この区間は、国道の何も見るところない区間を言われていますけれど。

ご注文は電話でも承ります。 TEL 03-5761-7941 受付時間 平日 10:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社風人社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.