2016年 7月 25日 月曜日
 

宮崎武雄

相州大山
今昔史跡めぐり

発行:風人社
仕様:四六判 並製本224頁
定価:本体1800円+税
2013年12月21日発行
ISBN978-4-938643-50-8 C0034 1800E

掲載書評

本書の目次

著者紹介

展示書店さんの様子

相州大山
せっかく大山に登るなら、

大山をもっと知ろう、もっと楽しもう。

 大山は、神奈川県のすばらしい山です。その人気は、古来より衰えることなく、ますます全世代の人から好かれて、今もまたブームです。神奈川県のみならず関東一円からの訪問客が絶えません。
 その大山を訪れる人たちを地元で迎えてきた著者が、大山を案内する本を書きました。一般読者向けとしては、既刊書にない詳しさです。大山への愛情も溢れています。

本書の特長
☆詳細地図(1万分の1)で大山をご案内しています
☆江戸時代の大山と現在の大山の比較絵図
☆人気のこま参道をこま参道で店を営んでいた著者が紹介
☆巻末に大山年表を収載
☆豊富な写真や図版で大山の行事やスポットを紹介

宮崎武雄(みやざき・たけお)


1940年(昭和15年)東京に生まれる。
明治大学文学部歴史科卒業。東京都庁勤務を経て新宿区役所勤務。
50歳で中途退職し、大山で飲食店(大山こま参道中村屋)を営む。現在は息子に代を譲り郷土史を学ぶ。
著書 豆本『手作りガイドブック相模大山』

●目次のpdfはこちら

第1章 大山の歴史

第2章 大山ガイド
    ケーブルバス停から大山山頂まで
1 ケーブルバス停から茶湯寺
2 茶湯寺
3 茶湯寺から追分
4 雨降山大山寺
5 大山寺から阿夫利神社下社
6 阿夫利神社下社から大山山頂
7 登拝門から蓑毛への道

第3章 大山ガイド
    三の鳥居からケーブルバス停まで

1 三の鳥居から西岸寺跡
2 阿夫利神社社務局からケーブルバス停
3 小田原道

第4章 日向地区と蓑毛地区
1 日向地区
2 日向薬師
3 蓑毛地区

付録
大山門前町を楽しもう
大山歳時記(年間イベント)
大山門前町の町割り
大山道
大山の方言
大山年表

コラム
 大山を「あぶり山」と呼ぶのはなぜか?
 春日局の大山参詣
 権田直助の知られざる偉業
 大山豆腐