総合出版・編集プロダクション 「ホントに歩く東海道」

大河原久子著 Color Atlas for Bio-AEP(風人社)

Color Atlas for Bio-artificial endocrine pancreas
Rational basis, clinical approach and future therapy of Diabetes mellitus

著者:大河原久子

Bio-AEPCV

A5変型判(182×182ミリ)
上製本 144頁  オールカラー
定価:3500円+税
2008年10月13日発行
ISBN978-4-938643-33-1 C3047

 

注文する

著者紹介

大河原久子(OHGAWARA Hisako)
大河原久子(おおがわら・ひさこ)

昭和39年3月 東京女子医科大学卒業
昭和39年4月 東京女子医科大学付属病院インターン研修開始
昭和40年3月 東京女子医科大学付属病院インターン研修終了
昭和40年4月 東京女子医科大学大学院入学、第二内科入局
昭和40年4月 医師国家試験合格
昭和44年3月 東京女子医科大学大学院卒業
昭和44年4月 東京女子医科大学付属病院、第二内科助手
昭和51年8月 米国シカゴ大学、生化学 Prof. D. F. Steiner の下に留学
昭和53年7月 米国シカゴ大学より帰局
昭和53年8月 東京女子医科大学付属病院、糖尿病センター助手
平成 5年 4月 東京女子医科大学総合研究所研究部講師、糖尿病センター講師(兼任)
平成10年3月 東京女子医科大学総合研究所研究部助教授、糖尿病センター内科助教授(兼)細胞再生医療研究部門設立、部門長
平成16年3月 定年退職 平成16年4月~平成17年3月 客員研究員(特別認定)

資格:
日本内科学会認定医:No. 54281
日本糖尿病学会認定医:No. 96, 指導医:No. 48
認定産業医:No. 9806853

Hisako Ohgawara, M. D.

1964.4-1965.3 Internship at the Hospital of Tokyo Women’s Medical College (T. W. M. C.)
1965,4-1969.3 Postgraduated Medical School of T. W. M. C.
1969.4-1976.7 The Second Department of Internal Medicine, The hospital of T. W. M. C. (Prof. Kinori Kosaka)
1976.8-1978.7 Research fellow, The University of Chicago, Howard Hughes Medical Institute (Prof. Donald F. Steiner)
1978.8-1993.3 Diabetes Center, T. W. M. C. (Prof. Yukimasa Hirata)
1993.4-1998.3 Associate Professor, Medical Research Institute, & Diabetes Center, Tokyo Women’s Medical University
1998.4-2004.3 Director, Division of Cell Replacement and Regenerative Medicine, Medical Research Institute, T. W. M. U.
2004.3 Forced retirement, T. W. M. U.
2004.4-2005.3 Visiting director, Medical Research Institute, T. W. M. U.

Activity in academic societies
# The Japanese Society of Internal Medicine
# Japan Diabetes Society
# The Japanese Society of Tissue Engneering

 

本書の目次

I. Instruction

II. Bio-AEP
1 Immunoisolation
(a) Semipermeable membrane
( Mechanical barrier )
(b) Immunomodification
( Physiological modification )
2 Immunoisolation
( Scaffold )

III. Xenoimplantation
(1) Pig to rat
(2) Pig to monkey
a) Recipient
b) Donor
c) Implantation
(3) Infection

IV. Cell Biology

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社風人社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.