総合出版・編集プロダクション「ホントに歩く」東海道・中山道
投稿記事
  • HOME »
  • 投稿記事 »
  • 年: 2009年

年別アーカイブ: 2009年

KAZE雑記帳<山岳編>010

●創刊号の目次 いよいよKAZESAYAGE<山岳編>発行の目途が立ちました。創刊号の目次は次の通りです。 KAZESAYAGE<山岳編>創刊号<巻頭>雪山賛歌=和田静子これぞ丹沢1「マルガヤ尾根」=国松学編集部現調報告 …

KAZE雑記帳<山岳編>009

●第4回「俺の丹沢」写真展 アナウンスが遅くなりました。3月18日から、恒例となっている「俺の丹沢」(山男7人衆・丹沢を撮る)写真展が開催されます。私も前回は行きまして、気になっていたシロヤシオの写真を頒けてもらいました …

KAZE雑記帳<山岳編>008

●創刊号のページ構成できる 創刊号(見本号を兼ねる)の申込数は、最低ライン(20部)は早くに超えましたが、次の目標の50部には、まだ達していません。それでも、お約束通り発刊を決定し、着々準備を進めております。仕事は楽しい …

KAZE雑記帳<山岳編>007

●煤ヶ谷の正住寺を訪問 煤ヶ谷の正住寺は、物見峠から下山してくると、登山道入口の道標がある舗装道に出たところにあります。県道64号から入るには、煤ヶ谷バス停の山田屋酒店の角を目印に、谷太郎川に沿って入ります。山田屋酒店の …

KAZE雑記帳<山岳編>006

●諸戸林業の興味深い資料(共通) <平地編>の二宮ルートのことで記した二宮町の海岸、港は、大山北尾根の植林・植栽のための苗木が陸揚げされたところだそうです。非常に興味深いことです。 <苗木は三重県産の一年生、二年生の原苗 …

KAZE雑記帳<山岳編>005

●KAZESAYAGE本誌に編集部検証ページを 本誌で紹介するコースは、基本的に編集部で検証の現地調査をする予定です。マルガヤ尾根にこのゲンチョウで行ってきたことは記しました。ゲンチョウでのご報告を兼ねて、読者のお役にた …

053▼(こ)

●大山街道ふるさと館企画展  2月14日~3月15日まで、大山街道ふるさと館1階展示室で「郷土の地名に親しもう-高津区・宮前区を中心に-」という企画展が行われます。今回は川崎市にある日本地名研究所の協力で大山街道や田園都 …

KAZE雑記帳<山岳編>004

●マルガヤ尾根の手描き絵地図 KAZESAYAGEの原稿として国松さんに依頼していたマルガヤ尾根の絵地図を先週中に落掌しています。実に素晴らしい手描きのもので、モノクロ版と色鉛筆版があって、ちょっと困るのは書き込みの情報 …

KAZE雑記帳<山岳編>003

●訂正 昨日の新柴ルートで972mのピークと書きましたが、ピークとはわからず、平らになっていて、西北西への分岐点として、その場所が明確です。でも、なぜ972とわかるかというと(2万5千分の1では970まではわかるけど2メ …

KAZE雑記帳<山岳編>002

●新柴ルートは岩田さんのおすすめ 昨日の小山町トレイルロードの話の続き。金時山のすぐ北に972mのピーク(2万五千分の1地形図にP点の記載なし)があります。ここから西北西に延びている尾根がP822を通って金時林道を横切り …

KAZE雑記帳<山岳編>001

 この欄は、今日作ったばっかりで、情報がすぐにアップできませんが、徐々に充実させていければいいと願っています。 ●8日(日)小山町トレイルロードを歩いてきました これは丹沢でなく、箱根かもしれません。でも、金時山はふつう …

052▼(こ)

 2009年になりました。本年もよろしくお願いいたします。  『ホントに歩く大山街道』は、昨年も継続的な紹介と販売が続き、また、大山道に関する新しい情報の数々を提供していただきました。多くの方のお力添えを感じております。 …

« 1 2
PAGETOP
Copyright © 株式会社風人社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.