wadacvシリーズ わたしはあきらめない
和田アキ子

NHK「わたしはあきらめない」 制作グループ+ KTC中央出版 編

仕様:A5変型判 上製本96頁(カラー48頁)
定価:本体1,400円+税
発行:KTC中央出版
装丁:桂川潤
2003年4月10日発行

ご購入は中央出版オンラインへ

本書の紹介

大阪で生まれ育った和田アキ子は、 10代の半ば、道頓堀やミナミのジャズ喫茶に飛び入りで出演。 女性には珍しい迫力ある声量で観客を驚かせた。

それを見ていた東京の芸能プロダクションから思わぬ 声がかかる。 17歳の和田アキ子に、突然、歌手という道が開けた。

1968年、「和製リズム&ブルースの女王」というキャッチフレーズで歌手デビュー。 2曲目の「どしゃぶりの雨の中で」が大ヒット。 そしてデビューからわずか4年……。 「あの鐘を鳴らすのはあなた」で歌手としての不動の地位を獲得し 、 男勝りの風貌はテレビ界も注目した。

 これから歌手に専念しようと思っていた矢先、 目の前に大きな壁が立ちはだかった。

二度におよんだ声帯ポリープの除去手術。 肺の病気(自然気胸)による呼吸困難。 さらに、骨折や椎間板ヘルニアなどで繰り返される入退院。

不安な気持ちが一気に広がっていく。 そして夫から告げられた言葉に、耳を疑った。

「子宮がん」

手術をしなければ、自分の命が危ない。 子どもか、それとも手術か? 選択肢は一つしかなかった。

神様、出て来い! 聞き手/長嶋一茂・武内陶子

番組名「わたしはあきらめない」2002年7月17日 NHK総合テレビ放送