現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
書名著者名等で検索

商品コード: 9784938643324

未知の道シリーズ3 大山北尾根・支尾根

販売価格(税込): 2,052
ポイント: 19 Pt
関連カテゴリ:

未知の道シリーズ

送料無料
著者:岡澤重男
大山山頂の向こうに何がある?
どっと行く人が増えたら困るな。でも、そっと教えたい、そんな気持ちで……。
未知の道シリーズ1に続くsーokさんの「誰も知らない丹沢」の第2弾です。「誰も知らない丹沢」では西丹沢に限定しましたが、今回は、東丹沢の大山支尾根のバリエーションルートです。今回もやはり、初心者には危険な難コースがあり、安易にガイドブックとして利用はできませんが、ポピュラーな大山の向こうに、こんな素晴らしい尾根があることを本書で楽しんでください。美しく、エキサイティングな大山案内です。ご期待ください。
  • 数量:

著者紹介

岡澤重男(おかざわ・しげお)
 1947年、長野県長野市に生まれる。少年時代は、北に飯縄山、西に北アルプス、東に菅平の山々を眺めながら、自然豊かな野山で遊ぶ。中学校2年生の時、学校行事として行われていた集団登山で燕岳に登る。以降、山歩きに興味を持ち、中学時代から高校時代にかけ、近辺の低山や飯縄山、戸隠山、黒姫、妙高など北信濃の山々を歩く。
1965年(株)リコー東京本社に勤務。仕事の合間に東丹沢や南アルプスの主なルートを歩く。また同時に法政大学第2文学部に学び、教員免許を取得する。
 1971年~2007年、神奈川県相模原市の小学校に勤務。授業や学級通信を通じ、季節の変化にともなって移り変わる自然の美しさや不思議さを、子どもたちと分かち合う。また夏期休暇を利用して、南アルプスをはじめ、北・中央アルプスや八ヶ岳にも通うようになり、主なルートを歩く。
 1996年、ニフティサーブに加入、山のフォーラムで「地図にない道」を歩くことの楽しさを知る。2000年、ホームページ「ようこそ! 山へ!!」を開設。写真、ルポ、エッセーなどを通して丹沢の魅力を発信。現在も、ネットを通して知り合った仲間と情報を交換し合いながら、道志・丹沢周辺の「名もない尾根」を中心に歩き続けている。

岡澤重男さんのホームページはこちら http://homepage1.nifty.com/s-ok/

本書の目次

はじめに 
  この本を読む人へ
  概略図 大山北面の尾根と沢/大山北面の主な道
  地図集について
  地図集(カラー)

第1章 大山北尾根 
 1.ヨモギ尾根を登ってポトフを作る
   札掛~ヨモギ平~三ノ塔~富士見橋~札掛
   コラム 初めての大山北尾根

 2.トコトン、大山北尾根 緑の垂直分布を楽しむ
   大山北尾根~金沢キャンプ場~唐沢キャンプ場~
   黒岩~物見峠~煤ヶ谷

   資 料 山里の人々とハイカー(清川村)

第2章 送電線鉄塔の建つ尾根 
 3.大山北尾根の枝尾根を登る
   地獄沢橋~西沢ノ頭~大山~諸戸
   コラム 山頂から

 4.地獄沢橋を基点に、大山・北尾根を周回する
   地獄沢橋~14号鉄塔~大山~西沢ノ頭~15号鉄塔~地獄沢橋

   資 料 大山山頂と阿夫利神社

 5.春と冬を一度に楽しむ
   地獄沢橋~16号鉄塔~北尾根~14号鉄塔~地獄沢橋

 6.淡い緑から濃い緑へ…緑の垂直分布
   大山北尾根~18号鉄塔~鍋嵐山~宮ヶ瀬尾根

   資 料 北尾根のモノレールと森林整備事業

 7.日溜まりハイク
   大山北尾根~13号鉄塔~12号鉄塔~11号鉄塔

   コラム お中道

第3章 大山周辺 まだまだ静か 
 8.大山周辺 まだまだ静かな散策路
   簑毛~大山南南西尾根~大山~石尊沢左岸尾根~唐沢峠~
   梅ノ木尾根~日向薬師
   資 料 「送電線鉄塔」編集部だより

 9.「ふれあいの森」を起点に、大山東側の尾根を探訪
   屏風尾根(仮称)~大山~石尊尾根(仮称)~鍵掛尾根(仮称)

 10.送電鉄塔群を訪ね歩く
   ヤビツ峠~送電鉄塔No.9→No.18~物見峠~煤ヶ谷

   コラム 新多摩線13号鉄塔

   山を歩き、記録を書いたボクの原点「学級便り」
   東丹沢山行記録表一覧
   あとがき

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

東丹沢一枚地図

販売価格(税込): 648 円