現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
書名著者名等で検索

商品コード: 4938643057

何のための知識シリーズ4 人間の痛み

販売価格(税込): 3,132
ポイント: 29 Pt
関連カテゴリ:

何のための知識シリーズ

送料無料
 身体・心・社会の三部構成
<第1部>痛みのメカニズムから、痛みとはそもそも「精神的な経験」であるとする国際疼痛学会の定義を受けたペインクリニック治療の現在を招介。末期癌看護の専門家である石垣氏が、疼痛緩和の処方、心を支える手だてと、患者との相互関係の喜びを述べる。「リウマチ」患者の立場から、幼少時からの生活を記録。
<第2部>身体と心の両面からの診療を標榜する「心療内科」の診察室から、その考え方と事例考察を。また、痛みがまさに心の病として固定してしまった「精神病」について回復までの過程を詳細に考寮。
<第3部>「水俣の傷み」に対する医師の「学問的厳密さ」を考え、学問の矛盾と人々の苦悩を最首氏が論述。「北」に生まれた国分一太郎という一人の個人の生き方に、地理的な南北でない、豊かな「南」に生まれた執筆者の原罪感を込めた共感を通 して、個人と仕事について考える。原爆の悲惨を目撃し、その痛みを伝える仕事に生きる教師をTVディレクターの目を通して語る。
 「おそらく共感共苦が全人類唯一の法である」(ドストエフスキー)という思想は、文学における本来の場所(トポス)であると松本氏は言う。
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。