2016年 4月 20日 水曜日
 

ウォークマップ

ホントに歩く東海道 第13集
庄野<井田川>〜土山<大野>(33.9km)

企画編集・制作・発行:風人社
仕様:4分冊 両面2色刷印刷 折りたたみ式
   全コース縮尺1万分の1地形図と
   多くの現地写真で詳細案内
   コース・史跡などの解説はマップごとに
   裏面掲載で、計40ページです。
価格:本体1080円+税
2016年4月15日発行
ISBN9784938643706


掲載書評

本mapの内容

写真(準備中)

追加・修正情報

常備書店様

ウォークマップホントに歩く東海道第13集(庄野〜土山)

 
  庄野・亀山から鈴鹿川沿いに沢筋に入っていく。
 「坂は照る照る鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」。
  伊勢国から近江国へと越える気象変化著しい鈴鹿峠は、
  東海道の難所。古代からの歴史的な街道である。

●No.49 庄野<井田川>〜太岡寺(8.2km)
 井田川駅前〜亀山城江戸口門〜野村一里塚〜太岡寺畷

 [コラム]亀山ローソク

●No.50 太岡寺〜坂下(8.5km)
 太岡寺畷〜関宿〜筆捨山入口〜沓掛集落〜河原谷橋(坂下宿東入口)

 [コラム] 筆捨山

●No.51 坂下〜土山(8.3km)
 河原谷橋(坂下宿東入口)〜鈴鹿峠〜山中一里塚〜猪鼻〜田村神社

 [コラム]東海自然歩道と東海道

●No.52 土山〜大野(8.9km)
 田村神社〜土山宿〜松尾渡し〜垂水頓宮跡〜前野〜今宿公民館西

 [コラム]斎王群行に出会って

☆第13集のかんたん内容

 第13集は東海道クライマックス鈴鹿越え。
 人気の関宿を経て、伊勢から近江へ入ります。

 「坂は照る照る鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」、鈴鹿馬子唄です。
 伊勢国から近江国へと越える気象変化著しい鈴鹿峠は、東海道の難所。
 伊勢側は「八町二十七曲り」の急な山道ですが、
 近江土山に入ると御茶畑が開け、なだらかな下りなのは、
 相模から伊豆への箱根越えと似ています。 

 亀山、関、土山、全ての宿、その間の立場も、歴史を感じさせる街並みが残り、
 山越えあり、街道風情あり、の盛りだくさんな34kmです。

 この風景が残ったのは、鉄道が通らなかったり、山や谷の厳しい環境だったからこそ。
 鈴鹿峠越えをするバスはなく、交通事情はなかなか厳しいものがありますが、
 亀山市、甲賀市のコミュニティバスもあり、計画を立てれば大丈夫と思います。

 亀山のB級グルメ「みそ焼きうどん」、カメヤマローソク、土山名物、蟹が爆発蟹が坂飴。
 鈴鹿山系のおいしい水があるおかげで、地酒も豊富です。

□第13集(桑名〜庄野<井田川>)の写真抜粋

準備中