2016年11月22日から11月30日まで、京都のどまんなか、四条河原町の京都信用金庫本店さんの1階ロビーで、弊社の「ホントに歩く東海道」ウォークマップ『ホントに歩く東海道』(縮尺1万分の1=1cmが100m)全16集をつなぎ合わせ、東海道53次日本橋〜三条大橋を、5分で歩く展示を開催中です。紅葉、観光シーズンまっただ中の京都、お近くにいらっしゃる機会がございましたら、ぜひお寄りください。

2016年11月30日付記
2016年11月30日(水)無事終了しました。信用金庫の方が撤収作業をしてくださっているとのご連絡をいただきました。見に来てくださったみなさま、どうもありがとうございました。

また、すてきな機会をくださいました京都信用金庫本店様には感謝申し上げます。

 
 

 

「目で歩く東海道」展 500km=50m地形図の旅@京都

場所:京都信用金庫本店 1階ロビー
   京都市下京区四条通柳馬場東入立売東町7番地
   地下鉄・阪急「四条烏丸駅」東へ徒歩10分阪急「四条河原町駅」西へ 徒歩10分
   http://sasp.mapion.co.jp/b/kyoto_shinkin/info/k001/

期間:2016年11月22日(火)〜30日(水)9:00〜17:00(土日祝は休)

無料

京都信用金庫HP
http://www.kyoto-shinkin.co.jp/

 

京都信用金庫本店、行ってみたらすごい立派なビルで、恐れおののいた。(以下(こ)記)
京都信用金庫本店の向かいにはジュンク堂京都店。 ウォークマップ「ホントに歩く東海道」、販売しております。
   
準備不足で、手作り感いっぱいな、展示になってしまいました。
6枚のついたてパネルを用意してもらい、表裏12面に、発行済みのマップ64枚を貼りました。模造紙に、4点もしくは8点を並べて貼りました。 
11/21日、銀行の窓口営業終了後15時から設営を始めましたが、間に合わずロビーで作業し続け、22日朝、22日夕方にも作業をさせていただき、上記のような展示になんとかなりました。 
11月22日の朝、読者の方が駆けつけてくださって、展示のお手伝いをしてくださいました。一里塚の場所に左のようなマークを貼っていただいたり、写真を該当個所に貼っていただいたり、本当に助かりました。

準備不足で、一里塚マークが足りなくなり、つたない手描きのマークで対応。こんな微妙な作業にも、「文化祭のようで楽しかったです」とおっしゃっていただき、有り難いなあとジンときました。
実際、私も作業はとても楽しかったです。行ったときのこと、「ホントに歩く」の作業をしていたときのこと、いろいろ思い出しました。ご覧になられた方にその楽しさが伝わって下さればいいのですが。

京都はちょうど紅葉のいい時期で、たくさんの観光客で賑わっていました。見に行く時間が取れませんでしたが、琵琶湖疏水のカーブ(http://www.fujinsha.co.jp/hontoni/2016/10/14/biwako-sosui/参照)のあたりの紅葉を見ることができました。柵があるのは、天智天皇陵のものです。
京都御所もイチョウの葉が落ちてきれいでした。
今年は急激に冷えたせいか、黄色の色が鮮やかだと、地元の方がおっしゃっていました。

2016年12月3日〜11日まで、藤沢市の東海道ふじさわ宿交流館で「目で歩く東海道」マップ展を行うため、準備中です。今度は、もう少し展示に工夫ができそうな他、現在、京都から江戸を目指して歩かれている「平成の龍馬! 東海道をゆく」のみなさんの進行日程のマークもマップに付す予定です。

「目で歩く東海道」展@ふじさわ宿交流館
http://www.fujinsha.co.jp/hontoni/2016/11/11/fujisawa-toukaidomap/