emotocv課外授業ようこそ先輩 別冊
柄本明
「絶望」の授業

NHK「課外授業ようこそ先輩」 制作グループ+ KTC中央出版 編
仕様:四六判 上製本208頁
定価:本体1,400円+税
発行:KTC中央出版
装丁:桂川潤
2002年10月26日発行

ご購入は中央出版オンラインへ

柄本 明プロフィール

(えもと・あきら)
俳優 1948年東京都生まれ。
 幼少より映画大好きの両親、家族に囲まれて映画漬けの毎日を送る。74年「自由劇場」に参加、76年に退団後、ベンガルさん、綾田俊樹さんらとともに「東京乾電池」を結成。規制の演劇の枠を乗り越えたユニークな舞台で圧倒的な人気を博し、現在(2003年)までに50回に及ぶ公演を重ねる。近年は外部出演も多い。1991年からはチェーホフの「かもめ」を取り上げ、以降4年間をかけて「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「桜の園」の四大作品をすべて自身の演出で上演し、チェーホフブームの先駆けとなった。
 映画では、1979年に「赤塚不二夫のギャグポルノ 気分を出してもう一度」に初出演・初主演したのを皮切りに、「セーラー服と機関銃」「天城越え」「道頓堀川」「男はつらいよ」「キネマの天地」「Shall We ダンス?」など80本以上に出演している。97年度カンヌ映画祭グランプリ受賞作「うなぎ」に出演後、98年には同映画祭招待作「カンゾー先生」に主演し、日本アカデミー賞、キネマ旬報、日刊スポーツ、放置映画賞など各賞の最優秀主演男優賞に輝く。
 また、NHK連続テレビ小説「やんちゃくれ」などのテレビドラマ、コマーシャルでも活躍し、幅広いファンを獲得している。

番組名「演じてつかめ絶望と希望」 2002年5月19日 NHK総合テレビ放送
授業の場 東京都杉並区立八成小学校