agocv船木純三著
あごのかたち 外科的矯正歯科治療ガイド

発行:風人社
仕様:四六判/並製本/184頁
定価:本体1500円+5
装幀:大野敏
1998年2月27日発行
ISBN4-938643-15-4 C0047

注文する

 あごのかたちの変形は、噛む力や発音などの機能的な障害をいます。それだけでなく、自分の顔を気にするという、心理的な問題も大きいものです。顎変型症が、外科的矯正治療によって改善されることは、今まで一般 書でなかなか触れられませんでした。本書は、美容整形の本ではなく、保険適用可能な医学治療のガイドブックです。この改善によって、自分の人生をよりよくできることも可能だと思います。  本書の第2部では、矯正歯科医である著者自身が手術を受けた体験記を公開します。  あごの発育の著しい思春期、高校生以降の、あごのかたちが気になる人へ。顎変型症のお子さんを持つ御両親へ。歯科医の皆様へ。

著者紹介
船木純三(ふなき・じゅんぞう)

1950年生まれ。 東京医科歯科大学歯学部卒業。同大学歯科矯正教室大学院卒業。助手・医局長を経て、1985年ふなき矯正歯科を開設。院長。 東京医科歯科大学、昭和大学、北里大学、講師。 共著『口は何のためにあるか』。著書「笑顔外来」(風人社)

本書の目次

第1部 顎変型症の治療について

1章 顎の変型って何?(顎変型症の定義)

2章 顎の変型を直したほうがよい理由

  1. コンプレックスの解消
  2. 歯や顎の役割についての問題解決
    咬みにくさの問題/発音の問題/下顎の関節が痛くなる問題/虫歯や歯槽膿漏の問題/呼吸の問題
  3. その他

3章 手術を希望する患者さんの本音

4章 顎変型症の治療手順

  1. 初診と相談
  2. 外科的矯正治療のための検査について
  3. 術前矯正治療について
  4. 術前検査について
  5. 手術と入院生活
  6. 退院後の生活と術後矯正治療について
  7. 保定治療と補綴治療

5章 顎変型症の種類と外科処置の方法

  1. 下顎骨に対する術式
  2. 上顎骨に対する術式

6章 手術を受けた患者さんの声

7章 治療の期間と費用について

第2部 ドクターがマスクをはずした日(矯正歯科医の外科矯正体験記)

  1. 手術の日が決まった
  2. 外科的矯正治療とは
  3. 外科矯正に対する患者さんの意識変化について
  4. 長い顎を気にし始めた頃
  5. 外科矯正実現まで
  6. 三度目の正直
  7. 治療について
  8. 治療について
  9. 外科手術の当日
  10. 手術直後の入院生活
  11. 入院生活の後半
  12. 退院後について
  13. 手術後の変化
  14. 矯正治療の終了
  15. 補綴治療
  16. 下顎のビスを抜く外科処置
  17. 私の体と心の変化
  18. 心と体